メモ



2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

トップページ | 2007年4月 »

2007年3月25日 (日)

クールクライム

クールクライムのライブに行ってきました。
JAZZを聴く機会が殆ど無いので楽しみでした。
演奏は、ギターの音が良く響いて、伴奏がしっかりしているので地に足が付いた感じで良かったです。ヴァイオリンの音もギターの音量とバランスがとれていて、聞きやすかったです。
演奏した曲の中では最後に演奏したスペインが一番気に入った曲でした。

ライブでは一杯飲みながら音楽を楽しめるのも、クラシック音楽にはない楽しみ方で、満喫できました。予定より少し飲み過ぎました。
また、機会があれば行ってみたいです。

2007年3月24日 (土)

N響コンサート

N響コンサート in 静岡市民文化会館に行ってきました。N響を聞くのは3回目。
曲目は以下。すべてドヴォルザーク。

  1. スラブ舞曲第8番
  2. チェロ協奏曲
  3. 交響曲 第9番 「新世界から」
  4. アンコール スラブ舞曲第10番

チェロ協奏曲のソロは、中国の若いお姉さんの趙静。ゆったりめのテンポで、ノビノビ歌い上げる感じの演奏でした。
チェロ協奏曲を含め、新世界も全体的にゆったりめのテンポで、自分にあったテンポだったので、楽しめました。生だと音が3次元で聞こえるので、主旋律以外の細かいところまで聞こえてくるので生は楽しいです。
気分は大満足で、帰りにガストでお腹も満足してから帰りました。

2007年3月23日 (金)

地デジ

車に地デジ(TU-DTX300)付けました。いや、実際に取り付けたのはディーラーの人ですが。
アナログとは受信の安定性が格段に違います。全く乱れがない映像でストレスを感じません。
地下の駐車場でも、アナログは受信不可でしたが、地デジはワンセグで受信していました。驚きです。
地デジの便利なところは、データ放送があるところ。地デジが受信さえできれば、天気やニュースも見られるので、ドライブの時には超便利です。便利な世の中になったものです。
ただ、チューナーが高いのがネックで、地デジを取り付ける人が少ないとディーラーの人が嘆いていました。

2007年3月19日 (月)

Lesson15回目♪

ヴァイオリンを始めて半年が過ぎました。長かったような短かったような感じですが、先が長いのは確かです。

今日のレッスンは絶不調でした。スキーに行ってから右肩の調子が今一なのと、土日に5時間練習した疲れからなのか、ミス連発でした。いつもの練習の50%位の出来でした。

今日のやった内容メモ

  • 驚愕シンフォニー
    弾き方、音程はOK。
  • メヌエット1
    曲自体は難しくないのだけど、有名な曲なので、自分のイメージ通りになかなか弾けなくて、以外に難しい曲です。自分が弾くと、舞曲に聞こえない。
    8分音符で弓を使う量を少しにする。3拍子なので1拍目を強めに。シ、ソの音程に注意。特にソ。
  • メヌエット2
    出だしの分散和音の箇所は、音階の練習をしていたおかげで、移弦がスムーズに弾けるようになった。でも、調子が悪いと隣の弦を弾いてしまうことも。この曲のポイントは最初の分散和音の移弦連発のところ。
  • カイザー第1番
    #が付いた音の音程が今一。音程に注意しながら、スタッカート等の弾き方もやっておく。
  • アダージョ
    弓に重みをかけて引く。右手が下がり気味。右肩の調子がいまいちなのが影響?ボウイングは難しい。

全体にテンポが速いので、もう少しゆっくり確実に弾くことを心がける。
次回は4/2。

2007年3月11日 (日)

スキー

長野のしらかば2in1にスキーに行ってきました。
天気は晴れで暖かく、絶好のスキー日和でした。スキー場も空いていて、滑りやすかったです。
スキーの腕前は超初心者レベル。いきなり中級者レベルのコースに行ったら、傾斜が急すぎで転倒ばかり、滑っているより転げ落ちている距離の方が長かったような状態で散々でした。
仕方がないので、調子を取り戻すために、初心者レベルのコースで練習。何度か滑って感じを掴んで形になりました。
沢山滑り帰ってきました。おかげで、所々筋肉痛です疲れました。

夜中に近所で事故があり、起きてしまいました。幸い運転手は軽症で済んだようで何よりでしたが、こちらは寝不足になり大変でした。

2007年3月 7日 (水)

あいさつ♪

新しく始めました。

音楽中心の話題になりそうですが、色々書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

トップページ | 2007年4月 »