メモ



2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月23日 (日)

清水東高音楽部定期演奏会

忙しかったけど、せっかく券をもらったので都合を付けて、清水東高音楽部とアンサンブル・ブリューメの演奏会に行ってきました。
聞いた感想は、思っていたより高校生がずっと上手で驚きました。
特に、チェロ、コントラバスはかなり良かったです。
一人一人の音がしっかりしていて自信を持って弾いているなと感じました。
ヴァイオリンやヴィオラって自信がないと弱々しい音になってしまいますが、
聞いた限りではしっかりと音が出ていたと思います。
2年でここまで弾けるようになるのかと感心してしまいました。

組曲『ホルベアの時代から』は、最後のヴァイオリンとヴィオラのソロの掛け合いが良かったです。
しびれました。

高校生に負けずに頑張ろうと思いました。

2008年3月18日 (火)

Lesson41回目♪

風邪は治りましたが、花粉症でクシャミが酷い。クシャミはドリフクシャミです(笑)

レッスンメモ

  • セレナード
    ピアノと合わせる。リズムが違うところを3カ所ほど直される。音程もイマイチでかなり凹む。
    昨日、筋肉痛で練習やらなかったのが駄目だったのか。
    気を取り直して本番。集中して弾きました。音程がイマイチなところはありましたが、リズムは完璧に弾けOKになりました。
  • 金婚式
    一回通して弾く。音程やリズムを修正して一回通す。
    次回仕上げ。
  • ベートーヴェン メヌエット
    前半部分を弾く。3ポジ部分の音程がイマイチなので、修正しながら弾く。次回は後半部分も。

やる課題が一つ減ってホッとした。
最近、レッスンで1曲にかける時間が短くなってきた。これは進歩した事なのだろうか。たしかに、音取りにかかる時間は短くなったので、進歩したらしい。

2008年3月 6日 (木)

Lesson40回目♪

ようやく風邪が治って体調が安定してきたこの頃。
店の前に言ってから、レッスンが延期になったメールを見たのは秘密w

レッスンメモ

  • セレナード
    最初の主題の部分は、クレッシェンドして行き、一番高い音の所で一番強くし、そこからデクレッシェンドして納める。
    次のppの部分は、強弱は余り付けずに弾く。
    フラジオレットから次の音に移るときに、グリッサンドにならないように、指を移動させる。4の指でラの音を取るのは苦手。
    次回仕上げ。
  • 金婚式
    A-E・E-Eの部分はE・Eの部分は切って弾く。
    後半のfとppの部分の弾き方は良い。
    曲と相性がよいようで、仕上がりが早い。
    次回仕上げ。

宿題。ベートーヴェンのメヌエットの音取り。

ここに記事を記入してください

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »