メモ



2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« シュラディエック | トップページ | Lesson47回目♪ »

2008年5月31日 (土)

清水フィル 第21回定期公演

清水フィル 第21回定期公演に行ってきました。
取りあえず、行き帰りに雨が降らなくて良かった。
今日は、夜練習ができないので、昼間練習してから演奏会に行きました。

指揮: 藤崎 凡
清水文化センター
ウォルトン 戴冠式行進曲「王冠」
モーツァルト 交響曲 第35番 ニ長調 「ハフナー」
ベルリオーズ 幻想交響曲

戴冠式行進曲
初めて聴いた曲。エルガーの行進曲「威風堂々」の第4番と第5番を合わせたような曲だと思った。
聞いているときに、イギリス国歌が頭の中に鳴って、イギリス音楽だなと感じました。
打楽器が良かったので、決まった演奏だったと思います。

ハフナー
・第1楽章の出だしは、弦に重みというか溜というのが、少し足りないような気がした。
・第2楽章は、室内楽的な雰囲気で聞いていて心地よかったです。
・第3楽章のトリオ部分が意外に良かった。
全体的に、オケを聞いているのに、室内楽的な感じがしました。モーツァルトの曲自体が室内楽的なので、必然的なことかもしれませんが。
古典の曲って、曲の構成が単純な分、表現が難しいなと思いました。

幻想交響曲
演奏会に行く前にこの曲を聴いて予習した。聞いたのはオケ版?ではなくリストが編曲したピアノ版(S.470)。
モントリオール響の記憶があるので、リセットするには良かった。

・曲の出だしは意外に綺麗な音色で良かった。
・対抗配置はチェロが聞こえにくかったが、2nd Vnが良く聞こえた。相乗効果?でビオラも良く聞こえた。
・ヴィオラは可愛い子が多いと思う(・□・)/
・雷のところは雷に聞こえて良かった。
・鐘の音は個人的には好みであったが、残響が多いような気がした。
・最後の部分は、ホールが良く鳴っていったので、モントリオール響のときより、迫力があって良かったんじゃないかと思う。
・近くの席の小学生の女の子が、3楽章までは退屈そうにしていたが、4,5楽章は固まって聞いていた。曲に圧倒されていた?不気味さに怯えていた?

最後に、プログラムの曲解説が読んでいて楽しい。他のオケにはない良いところの一つだと思います。

P.S.
書き終わった、エディタが強制終了した orz
凹みながら記憶を頼りに書き直しました。

« シュラディエック | トップページ | Lesson47回目♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206378/41386194

この記事へのトラックバック一覧です: 清水フィル 第21回定期公演:

« シュラディエック | トップページ | Lesson47回目♪ »