メモ



2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 完走 | トップページ | 静岡交響楽団 第40回定期公演 »

2008年5月23日 (金)

東京交響楽団 in 静岡

東京交響楽団の静岡公演に行ってきました。
チャイコフスキー三昧第1日目です。

指揮:大友直人
ピアノ:清水和音
静岡市民文化会館

チャイコフスキー
歌劇「エフゲーニ・オネーギン」よりポロネーズ
ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調
交響曲 第6番 ロ短調 「悲愴」

アンコール
バレエ「くるみ割り人形」からトレパーク

ピアノ協奏曲を聞きたくて行ってきました。やっぱり良い曲ですね。ピアノは出だしは繊細な感じがしたのですが、徐々に力強良く大胆になっていきました。良い演奏で満足でした。

悲愴は、生で聞くのが3回目なので、あんまり期待していなかったのですが、予想外に良い演奏で演奏に引き込まれてしまいました。この曲を聴くと、人生とか世界情勢とかを考えてしまい、最近の自然災害で被害にあった事とかを思ってしまい泣けてきました。

このオケを聞くのは初めてでしたが、悲愴の第1楽章冒頭の、ファゴットのソロの後と第2主題前のヴィオラのソロ部分や、第2楽章の冒頭のチェロあたりは良い音をしていました。低弦が上手くて、全体的にバランスの取れた良いオケだと思いました。
配置は通常の配置で、ヴィオラが舞台側でした。
また、機会があれば聞きたいです。

お客さんのマナーがイマイチだった。
演奏中に徘徊する老人(笑)。携帯電話に出る人。第4楽章終盤で鳴る携帯。このときは、ボコボコにしてやろうかと思った。
咳払いとか多少の物音は我慢できるが、携帯とか最低限のマナーは守って欲しい。
悲愴が終わったときに、すぐに拍手をする人がいなかったのだけは良かった。定番の第3楽章が終わったときに勘違いで拍手してしまう人も今回はいなかった。

« 完走 | トップページ | 静岡交響楽団 第40回定期公演 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206378/41305571

この記事へのトラックバック一覧です: 東京交響楽団 in 静岡:

« 完走 | トップページ | 静岡交響楽団 第40回定期公演 »