メモ



2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

楽典

最近、楽典の勉強をしています。通勤の電車の中で読んでいます。
「楽典 理論と実践」と言う本で、通称「黄色い楽典」と呼ばれている楽典の本の中では有名なものです。音大を受験する人は必ず読んでいるとか・・・。
良くまとまっていて、楽譜が読めるぐらいの知識があれば、それほど難易度は高くありません。
音程や音階、和音の勉強は、譜読みの勉強にもなって良いです。
これらの知識は、楽器を演奏する上で、必ず必要な知識ではないけれど、知っていればなるほどと思うので、勉強したことのない人は読んでみることをお勧めします。

2008年7月21日 (月)

Lesson50回目♪

3連休、風邪をひいて寝込んでました。が、練習だけは根性でやっていました。
そんな連休最終日のレッスン。体調は70%

レッスンメモ

  • バルトーク 44の二重奏 第3番
    苦手の3拍子。しかも、2小節休みの後で弾き始めるので、休み中もカウントしなければならない。ソロの曲を弾いていると、このようなことが殆ど無いから苦手。
    3,4回やり直しで、何とかできて合格。
    カウントしながら弾くって、簡単そうでなかなかできない。
  • ベートーヴェン 交響曲 第9番 第3、4楽章
    3楽章
    装飾音符が続く部分。楽譜の見た目は複雑だが、装飾音符をなくすと、単純なリズム。それに装飾音符を付ければよいだけのことなので、難しく考えずに、リズムに合わせて弾く。
    もう少し先の部分の譜読みをしておく。
    4楽章
    練習番号M
    今は、早く弾くことより、正確な音程とリズムで弾くことを重視する。早くするのはそれができてからでよい。3ポジの音程に注意。
    練習番号K
    臨時記号が多い(しかも♭)ので、音取りが大変であったが、音取りは合格。同じ音が連続するところで、音が足りなかったり、追加(笑)されてしまっていることがあるので注意。
    8分音符以外の部分はリズム通りに弾く。ボウイングが難しいが、ゆっくりさらって覚えること。

次回は港祭りも挟むので3週間後。この2週間慌ただしかったので、ゆっくり落ち着いて練習するとします。
宿題は練習番号Aの箇所。

2008年7月13日 (日)

富士フィルハーモニー管弦楽団 第28回定期演奏会

定期演奏会に行ってきました。
ロゼシアターまで駅から歩いたらテラ遠い。
しかも暑くて、着いたときには汗かいてました。

ショスタコーヴィチ 祝典序曲 イ長調 op.96
チャイコフスキー バレエ組曲「くるみ割り人形」 op.71a
ショスタコーヴィチ 交響曲 第5番 ニ短調 op.47
アンコール ショスタコーヴィチ タヒチ=トロット op.16
指揮:三河 正典
ロゼシアター大ホール

ロゼシアターは初めて。音響はなかなか良い。大音量でもしっかりと受け止めてくれる感じで聞きやすかった。でも、ちょっと残響が多い気がした。

演奏は、金管が伸び伸びしていて良かった。木管、弦楽も良かったけど、金管が全体を引っ張っているアメリカのオケのような感じで新鮮でした。
なので、金管が活躍するショスタコーヴィチの曲はすごく良かったです。
くるみ割り人形は、小さいというかスマートと言うかそんな感じでした。
第5番は第1楽章でシンバルが一発落ちたときには、ヒヤリとしたけど、それ以外は、安定して、迫力があって良かった。

指揮は、見ていて合図が楽しかったが、アマオケでの演奏会だからかなと思った。プロオケの演奏会でやったら、無駄な動きが多いとか2chで叩かれそうwww

ショスタコーヴィチは、個人的には8番が好きなので、どこかのオケでやってくれないかな?

今年コンサートに行くのは、数えてみれば10回目だと思う。多いなと思いながらも、今年後半も4,5個は行きたいやつがある。

2008年7月 7日 (月)

Lesson49回目♪

ペグの回りが堅すぎ。楽器を構えながら回すのは不可能なぐらい堅い。
ペグソープを塗ればよいのだが、弦を交換と一緒にやりたいので、あと2ヶ月我慢するか。

レッスンメモ

  • バルトーク 44の二重奏曲 第2番
    1回目、強弱が付いていなくていまいち。
    2回目、完璧な演奏でしびれた。
    20小節ぐらいの短い簡単な曲だけど、弾けると楽しい。
  • ベートーヴェン 交響曲第9番 3,4楽章
    3楽章
    楽譜指定のテンポ60で練習していたが、40位で弾かされたので戸惑う。
    装飾音符が付いているところは先弓で弾く。
    前回よりは、リズム感がだいぶ良くなっている。この調子で最後まで行けばよい。
    譜読みが出来たのは、40%位。3楽章はリズム感さえ何とかなれば弾けそう。
    大半がピッチカートなので、ピッチカートの良い練習になるwww
    4楽章 練習番号M
    3ポジの音程が悪い。1ポジの部分の音程は良い。3ポジの音階練習をする。
    ドの#を忘れている箇所があるので注意する。
    音取りは出来ているので、後は早くしていく。弓を少なく使う。

宿題
練習番号Mの前の部分のページをさらっておく。
臨時記号大杉。F♭とか見るの初めて。一瞬どこ押さえて良いのか考えてしまったwww
ここは、オケだけの部分なので、弾けるようになるのが目標。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »