メモ



2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月26日 (火)

Lesson52回目♪

レッスンメモ

  • ベートーヴェン 交響曲第9番 第4楽章
    練習番号A
    メロディーの部分はOK。前回難しい指使いの部分もすんなりできて良かった。
    練習番号B
    重音部分が続く部分。
    オケでは、3重音以上は全部弾く人はいないので、上2音を弾けばよい。←衝撃の事実w
    4分音符は4分音符分の長さの音を出す。重音を弾くと短くなりがち。
    右手は腕で釣って、上に抜く感じで弾く。
    練習番号K
    ここの部分は音程は慣れればさほど難しくないが、リズムが難しい箇所がある。8分音符がずーっと続いた後に、4分音符や付点四分音符がが出てくる部分のリズムが難しい。一緒に弾いたが、2回目で正確に弾けて嬉しかった。
    練習番号M
    音程が難しい。3ポジのE線のレが高めになってしまう。レというよりミになってしまっている。1の指を基準に4の指の位置を決める。
    練習番号R-S
    早く弾くには1拍ごとに分割して練習する。同じ音が2音ずつ続く所は、1音目を強調して2音目は軽く弾く。

宿題は練習番号E。まるでトリルの練習かと思うような箇所。

2008年8月19日 (火)

弦が

夏風邪が復活しました。ちょっと熱がある?位の熱と、咳が出そうな感じの喉の違和感、微妙な疲労感があります。
夏風邪って症状が軽いので、仕事を休むまでもないので、微妙な辛さがあります。休みの日でも、症状が軽いので、色々やってしまって、休めないんですけどね。

届いた
StringsLabさんに頼んでおいた、新しい弦が届いた。張り替えるのは、来月20日を予定。

切れた
弦が届いた日の午後、練習をしようとケースを開けたらA線が緩んでいた。ペグを回すも、弦が張らないので切れていることに気がついた。ちょっとショック。暑さに耐えられなかったのだろうか。
新しい弦が届いた日に切れるとは、タイミングが良すぎ。
新しい弦に張り替えちゃおうと思ったが、予定は予定と言うことで、古い弦に1ヶ月頑張ってもらうことにした。

2008年8月11日 (月)

Lesson51回目♪

来月、弦を換える予定なので、弦をどこで買うか。
地元のす●やで買うと定価なので、通販(30%引き)で買うと良い。
パルコの島○楽器は品揃えが良くなく、定価なので論外。

レッスンメモ

  • バルトーク 44の二重奏曲 第4番
    音程が難しい箇所があるが、リズム、入りはバッチリで気分良く弾けました。
  • ベートーヴェン 交響曲 第9番
    第4楽章
    練習番号A

    左手がややこしい部分。
    普通の指使いでやると移弦が多すぎてかなり弾きづらいので、シを4で取るようにする。
    1234323 42144143で弾く。最後のラの音程が変になりやすいが、最後が決まればそれなりに聞こえうるので、音程注意。

    練習番号K
    音程注意の部分が1カ所あり。
    8分音符が続いた後に、4分音符なんかが出てくる箇所でリズム感が無くなるので注意。

宿題は練習番号B、R~S。重音部分は弾ける音だけ弾く。

2008年8月10日 (日)

音楽の広場

グランシップ「音楽の広場」コンサートに行ってきました。
指揮:井上 道義、本名 徹次
演奏:音楽の広場オーケストラ

300人の丸いオーケストラ。当然音量も普通のオーケストラの3倍。
上から見た方が楽しそうなので、3F席を購入したのですが、全体が見渡せて1F席より良かったんじゃないかと思いました。

コンサートは、照明が凝っていて、視覚的にも面白かったし、演出も楽しかったです。
渡辺徹さんのトークも楽しく、3時間の長丁場も長くは感じませんでした。

300人もいるので、音量が迫力があり凄かったのですが、ホールが大きいので、音割れのような無理さも無くて驚いた。
普通のコンサートだと、あまり良いホールじゃ無いのだけど、こういうイベント向きだなと思いました。

音楽を体全体で感じた楽しい時間でした。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »