メモ



2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月28日 (日)

島田フィル 第7回定期演奏会

マキさん(面識はない)が、今回で引退されるとのことで
聞きに行ってきました。
会場に着いたのが、開演2分前ぐらいw
もう少し、余裕を持って行動しましょう。

指揮:佐伯正則
ブラームス 大学祝典序曲 op.18
メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64
Vn:増田訓子
ブラームス 交響曲 第4番 ホ短調 op.98
アンコール
バッハ 管弦楽組曲第3番 BWV1068からアリア

ヴァイオリン協奏曲は、ソロが一音一音ハッキリしていて、聞きやすく良い演奏でした。
期待していた以上にレベルの高い演奏でビックリしました。

交響曲は、弦が大変そうなのが、見ていてわかりました。
全体的には金管や木管が頑張っていたと思います。
4楽章のフルートのソロは良かったです。

アンコールが思いの外、良い演奏で感動しました。

歴史の浅いオケですが、それなりに頑張っていた演奏だったと思います。
今後のレベルアップが期待です。

2008年9月25日 (木)

Lesson54回目♪

レッスンメモ

  • バルトーク 44の二重奏曲 第6番
    弾いていてすっきりしない曲。
    特に難しい箇所もなく、シの音程がずれていたこと以外は問題なく終了しました。
  • ベートーヴェン 交響曲第9番 4楽章
    ・練習番号M後半
    リズムが特に難しい箇所。
    左手や弓使いは難しくないので、とにかくリズムが難しい。
    メトロノームに合わせて弾く練習をやっていなかったので、メトロノームに合わせて弾くのに大苦戦。絞られて凹みましたw
    4分音符刻みで練習し。その後、2分音符刻みで練習する。

    ・練習番号A
    指板に近いほうで優しく弾く。弓が少なくなりがちだが、大きく弾く。
    ・練習番号B
    重音の続く場所だが、重音で弾いている人はいないので、単音と考えれば、簡単な場所。
    ・練習番号C
    前半は音程も良し。後半の臨時記号の付く弾きにくい場所は、なるべく、指を残して指の移動を少なくして弾く。
    ・練習番号M前半
    音程は以前に比べると大分良い。弾いている先の箇所を意識しながら弾けばスムーズに弾ける。

宿題は最終ページ。やることが多くて、大変だけど頑張ろう。

2008年9月22日 (月)

ピ・ピ・ピ・ピアノ

何と!ピアノを買いました。正確には電子ピアノ。
母が習いたいと言い出したので、機種選びから資金提供までして買いました。ROLANDのHP205GPです。
置く場所も、自分の部屋になりました。これは、ピアノを始めろと言うことなのでしょうか?
やってみたいが、習いに行くとヴァイオリンと両立は凄く大変そう(時間的に)。独学するにも、右も左もわからないので、大変そう。どうしようかとただいま悩み中。
独学する場合って、教本とか何を使えばよいの?
ヴァイオリンみたいに、鈴木、篠崎、カイザーみたいなのがあるのか?詳しい人教えてください。

2008年9月21日 (日)

2周年

いつの間にかに、2周年が過ぎていた。
2周年と言うことで、弦の交換を行った。
ドミナントからインフィールド青に交換です。一年お疲れ様でした。
今度こそ、ペグの向きが調弦しやすい向きになるようにしないと。それと、ペグが堅かったので、ペグソープも付けました。今は、ペグの向きは調整しやすい方向に向いていますが、弦が伸びてきたら、水平になっちゃうかも。そのときは、弦の張り直すか。

弦は、ドミナントより、明るく乾いた音がします。砂漠の砂?のような感じがします。明らかに音が違うので、少し戸惑い気味ですが、少しすれば慣れるかな。

3年目の目標は、7ポジまで頑張りたい。1つのポジションに3ヶ月ぐらいで慣れていけば、いけるかな?
後は、ビブラートをちょっと頑張りたいな。

2008年9月13日 (土)

静響 甘美な協奏曲 Vol.2

静響のコンサートに行ってきました。

モーツァルト
ピアノ・ソナタ 第11番 イ長調 K.311 トルコ行進曲(P.パスカル編曲)
クラリネット協奏曲 イ長調 K.622
横川晴児(クラリネット)
ディヴェルティメント 変ロ長調 K.173 第2楽章
ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 K.466
アンコール
ドビュッシー ベルガマス組曲 から 月の光
三浦友理枝(ピアノ)

クラリネット協奏曲。死の2ヶ月前に書かれた曲。
ワクワクするような楽しい第1楽章。海の中を漂っているような気分の第2楽章。踊り出したくなるような第3楽章。
素敵な演奏で楽しめました。

ピアノ協奏曲は、少し暗めな曲調ですが、有名な第2楽章なんかは、綺麗で泣けてきました。
ピアノは女性らしい優雅な演奏で、モーツァルト的で良かったと思います。

2時間モーツアルトを堪能しました。モーツァルトって熱くなるとか感動するような音楽ではないけど、落ち着いた気分になれます。

終演後にサイン会をやっていたので、横川さんのサインを貰いました。ありがとうございました。


行くときは晴れてたのに、終演後に会場を出たら雨が降っていた。

2008年9月 9日 (火)

Lesson53回目♪

2年目最後のレッスン。
練習でやらなければいけない箇所が多くて、パンク気味。練習時間が、あと1時間ぐらい欲しい。
気がつけば、本番まで3ヶ月しかないので頑張るしかない。

レッスンメモ

  • バルトーク 44の二重奏曲 第5番
    ホ長調(#4つ)だが、難しくない。
    入りも微妙に遅れた箇所があるけど、良い合奏が出来た。
    同じ音を弾いたときの響きが素敵でした。
  • ベートーヴェン 交響曲第9番 4楽章
    ・練習番号E
    前半部分はリズムを正確に。休みの部分の長さを正確に意識する。
    tr部分は、減衰して、最後は聞こえるか聞こえないかの感じがよいが、
    弾いてみると、最後の音まできっちり弾いて聞こえてしまう。
    手を抜く弾き方が難しい。
    4の指でtrを行わないように、ポジションを変えられれば良い。

    ・練習番号A
    大体弾けているので、後は、音程、リズムをさらに正確に弾くように
    レベルを上げていく。

    ・練習番号C
    A#、E#は1ではなく4で取った方が弾きやすい。
    テンポが変わるところは注意。本番では指揮者をよく見ること。

    ・練習番号M
    毎日1回は弾いているが、今日は不調でした。
    リズム通り弾くことを意識して練習する。
    間違えても、弾き直さないでそのまま引き続けるのがオケでは重要。
    メトロノームに合わせて、間違えても止まらない、途中で復活するような練習をする。

次回は、・練習番号M~Nのところ。
2/3拍子で、シンコペーションとかがあり、リズムが難しいかよ。
弾く前に、歌ったり手拍子で、リズムの確認を行うと良い。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »