メモ



2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月27日 (月)

Lesson56回目♪

先日の休みの日に、近くの公園に行ったら、富士山に雪が積もっているのが見えた。
ついさっきまで夏だと思っていたのに、冬はもうそこまで来ている。

最近の出来事。

  • ペグの向きが気に入らなかったので、調弦しやすい向きに、弦の張り方を調整していたら、E線がねじれて切れた orz
  • 今使っている譜面台はスチール製で激重いので、これから練習で持ち歩かなければならないので、
    アルミ製の軽いやつを買った。組み立てが面倒くさいが、軽いので良し。今まで使っているのは、家専用にする。
  • ケースを開けたらE線以外、弦が緩んでいて凹んだ。適当にペグを回して弦を張った。
    調弦しようとしたら、4本とも既に音があっていた。奇跡が起こる。ビックリしました。

レッスンメモ

ベートーヴェン 交響曲 第9番 第4楽章
練習番号N後半からRまで
トレモロの部分は、1拍に8音正確に入れる。簡単そうで難しい。
その後の8分音符が続く早い部分は、ゆっくりなテンポで1小節ずつ繰り返しさらう。
出来れば暗譜する。と言うか、暗譜しないとインテンポでは弾けないと思われる。
今の実力では、暗譜しても多分弾けない(^^;
暗譜苦手・・・。
暗譜すれば、1小節ぐらい先を見ながら先をイメージして弾けるので、暗譜は大切。

練習番号R中間
弓の真ん中当たりで、軽やかに弾く。弓を使いすぎない。
この部分は、覚えやすいのか、暗譜できていた。

4楽章開始部分
トレモロの部分は、1拍に6音正確に入れる。ここも簡単そうで難しい。

練習番号K
リズム通りに弾く。長音符のところで、リズム感が怪しくなる。
メトロノーム練習をすること。
音程が怪しい箇所あり。Ais等。
この部分も出来れば暗譜すると良い。暗譜 orz

今回で、一通り曲全体終了。
これからは、クオリティを上げていく。

2008年10月10日 (金)

オケ見学

オケの見学に行ってきました。
知らない人の集団の中に入っていくというのは緊張しました。こう言うのは入社か入学したときの感じに似ているなと思いました。
練習中はひたすら空気になっていましたwww
練習の雰囲気は掴めました。ちゃんとついていけるかどうか不安ですが、やるしかないですね。
2時間座っていただけなのに、会社で一日仕事をしているより疲れましたwww

2008年10月 7日 (火)

Lesson55回目♪

弦を換えて、明るく元気な音になったけれど、音のテンションの高さに自分がついて行けないこの頃。
今日は、いまいち気が乗らなかったが、変に緊張しなくて調子が良かった。

レッスンメモ(ベートーヴェン 交響曲 第9番 第4楽章)

  • 練習番号M後半
    リズムは問題なし。メトロノームで特訓した甲斐あり。
    テンポも今ぐらいでよいので、後は3ポジの時の音程に注意する。
  • 練習番号S~T
    音程や弾き方に問題は無し。ポジションを変えて、移弦がない用に工夫する箇所が2箇所。
    2ポジ、3ポジを使うので、特に2ポジの練習をしないと。
    テンポが速い部分なので、段々とテンポを上げていくよりは、いきなりインテンポで練習をして、弾けるところだけ弾くみたいな感じにする。全部弾けるようになるには、5年以上はかかる。
  • 練習番号A~B
    指板に近いところで、弓圧をかけずに優しく弾く。
    重音部分は、弓を上に抜く感じで弾く。出来ない場合は、音を短く切る。
  • 練習番号C
    音程は良し。
    テンポが変わるところは、指揮を見る。
    取りあえず、テンポを変えないで練習をしておく。

2008年10月 3日 (金)

ハーゲン弦楽四重奏団演奏会

オールベートーヴェンプログラム。
弦楽四重奏曲 第16番 ヘ長調 op.135
弦楽四重奏曲 第11番 ヘ短調 「セリオーソ」 op.95
弦楽四重奏曲 第14番 嬰ハ短調 op.131

室内楽を、真面目に聞き始めたのはここ3年ぐらい。
それまでは、管弦楽曲中心に聞く生活をしていた。
室内楽は落ち着いた気分になりたいときに聞きたいよね。

演奏は、素晴らしいの一言でした。
息のあった、アンサンブル。曲の出だしなんか、どうやって合わせているんだろうと不思議に
思うぐらい、合図無しのような感じで、曲を始めていました。
息を吸うのが合図とか教わったけど、そんなことはやっているように見えなかった。

ベートーヴェンの弦楽四重奏は歌謡的じゃないので、
聞いていて理解するのが難しいのですが、
わかりやすい演奏でした。

第14番は、こんなにメロディが綺麗で、良い曲だなと改めて思いました。
同じフレーズを、1stVn->2ndVn->Vla->Vcと弾いていくところも、
音が右から左へ流れていくのが見えて、視覚的にも面白かったです。

アンコールは無かったけど、3曲でお腹一杯なので、必要は無かったかなと思いました。

オケも良いけど、室内楽も良いよね。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »