メモ



2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« オケ練習 12/5 | トップページ | Lesson59回目♪ »

2008年12月 7日 (日)

コンサートハシゴ

コンサートのハシゴをしてきました。
まずは、浜松交響楽団 第65回定期演奏会
1年ぶりぐらいの浜松。昼頃に浜松に着いて、ラーメンを食べ、楽器屋行ったりしながら、開演時間まで待つ。

アクトシティ浜松。大ホール。アクトシティに会社の浜松事業所がありながら、ホールに来るのは初めて。

なかなか良いホール。静岡市にも早くこんなホールが欲しい。

モーツァルト ヴァイオリン協奏曲 第5番 イ長調 K.219 「トルコ風」
Vn:長尾春花
ブルックナー 交響曲 第8番 ハ短調
指揮: 松岡 究

ヴァイオリン協奏曲は、音が鋭くて、若々しい演奏でした。少々、叙情性とか足りなかったけど、3楽章のトルコ風の所は聞いていて楽しかったです。
これからの成長が楽しみな奏者です。

ブルックナー の第8番。自分的には一番好きな曲かも。無人島に行くときに1曲だけ持って行く事ができるならこの曲。
3楽章が非常に良かった。夕暮れの、星が輝き始めた浜辺に寝転がりながら、大自然、宇宙を感じるような演奏で酔いました。
4楽章の金管の迫力も良く、良い演奏でした。
初めて聞いたオケだけど、弦楽器のレベルが高く、県内のアマオケではトップのレベルだと思いました。
機会があれば、また聞きたいオケです。

演奏終了後、新幹線の時間が15分後なので、急いで移動して、静岡に帰ってきました。

前の演奏会が終わって1時間後に次の演奏会w

静岡大学管弦楽団 第80回定期演奏会
シベリウス 交響詩「フィンランディア」 op.26
グリーグ ピアノ協奏曲 イ短調 op.16
P:三界晶子
チャイコフスキー 交響曲 第6番 ロ短調 op.74 「悲愴」
指揮:山上 純司

頑張って練習しているなと感じました。
勉強との両立の大変さは、自分も仕事との両立は大変なのでわかります。
学生オケって、プロオケやアマオケと違い一期一会のような雰囲気があり、音に気持ちが伝わってきて感動してしまします。
そんなことを考えながら、悲愴を聞いていたら泣けてきました。
演奏は、フィンランディアの出だしとか全体的に金管がよく頑張っていて、締まった演奏だったと思います。
低弦(チェロとか)の音程はどこのオケも課題ですね。
良い演奏を聴かせてくれた皆さんの努力に拍手です。

聞くだけだけど、楽しかった分疲れました。
さて、明日から第九に集中します。

« オケ練習 12/5 | トップページ | Lesson59回目♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206378/43350891

この記事へのトラックバック一覧です: コンサートハシゴ:

« オケ練習 12/5 | トップページ | Lesson59回目♪ »