メモ



2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« オケ練習 3/13 | トップページ | Lesson66回目♪ »

2009年3月15日 (日)

浜松交響楽団 第66回定期公演

3ヶ月ぶりの浜松。時間に余裕があったので車で行ってきました。

プッチーニ
交響的奇想曲
歌劇「ラ・ボエーム」より「私の名はミミ」
歌劇「蝶々夫人」より「なぐさめなようもないことは」
「ある晴れた日に」
ヴェルディ
歌劇「ナブッコ」序曲
歌劇「オテロ」より「柳の歌」
Sop:小林実佐子
バルトーク 管弦楽のための協奏曲
アンコール
バルトーク 「ハンガリーの風景」から

指揮:井崎正浩

チケットを貰ったので行ってきました。
前半のオペラ。ステージ上に椅子や着物を掛けた物の小道具があって、コンサート形式にしては、雰囲気が出ていたし、歌手も役に入っていた感じで良かったです。
最後の、柳の歌が一番感動した。

バルトーク。難しい曲なので、途中で崩壊するんじゃないかとドキドキしました。が、そんな心配は無用で、まとまった演奏でした。アマオケにしてはレベルの高い演奏だったと思います。

今回はなかなか聞けない曲ばかりで新鮮でした。知っている曲やるのも良いけど、知らない曲やあまりやらない曲で新しい発見をするのは個人的に大好きです。

指揮:井崎正浩

チケットを貰ったので行ってきました。
前半のオペラ。ステージ上に椅子や着物を掛けた物の小道具があって、コンサート形式にしては、雰囲気が出ていたし、歌手も役に入っていた感じで良かったです。
最後の、柳の歌が一番感動した。

バルトーク。難しい曲なので、途中で崩壊するんじゃないかとドキドキしました。が、そんな心配は無用で、まとまった演奏でした。アマオケにしてはレベルの高い演奏だったと思います。

今回はなかなか聞けない曲ばかりで新鮮でした。知っている曲やるのも良いけど、知らない曲やあまりやらない曲で新しい発見をするのは個人的に大好きです。

« オケ練習 3/13 | トップページ | Lesson66回目♪ »

コメント

ご来場ありがとうございました!
私が崩壊の引き金を引くんじゃないかと、冗談抜きでドキドキした演奏会でしたが、その緊張感が良かったのか!?ベテランの皆様に支えられている感があったからか!?無事、終えることが出来ました。
いやー・・・・オケコンは、アマチュアはなかなか手を出さないというだけあります。5楽章だけ異常に難しかったです(汗)
どうやらボロが出ずに済んだようで、ほっとしているところです。

>> しばさん
聞いていて特に間違えとかは気にならなかったです。
後日、スコアを見てみましたが、5楽章は音符がいっぱいで目が回りました。
でも、メジャーな曲以外に、こういう曲も演奏できるなんて、ちょっと羨ましかったりもします。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206378/44358372

この記事へのトラックバック一覧です: 浜松交響楽団 第66回定期公演:

« オケ練習 3/13 | トップページ | Lesson66回目♪ »