メモ



2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月28日 (月)

Lesson78回目♪

今日は、昼間、演奏会実行委員用のML作ったりしていました。
一日がこれで終わった気がするけど、気のせいであろうcoldsweats01

フレッシュ音階
ゆっくりやれば、次の音のイメージができていて音程はあっているが、速くやるとイメージができていなくて、音程がずれてくる傾向がある。
3度重音は、以前より音程が良くなってきているので、今度は、次の音に移るのを速くしていく。

バッハ ドッペルコンチェルト
一回合わせたけど、4分音符以上の延ばしが合わない。弾くのに精一杯でカウントが曖昧になっているのが原因。メトロノーム練習を。

道化師
2曲目・ギャロップ
ミレミレ・ドのところは、ミレミレを弾いた後に、素早く弓を戻してドを引く準備。腕は円運動のような感じになる。
5曲目・パントマイム
重い弓(肘の力を弓にかける)で次の音に向かっていく弾き方で。アクセントは付けないように注意。
10曲目・エピローグ
1音1音軽く切るような感じで軽やかに。

魔法使いの弟子
最初の部分。
拍子が変わるところのカウントの仕方。指揮の見方。
難しいところは指を決めておく。

そろそろ第九の練習開始。復習をしておく。

2009年9月27日 (日)

由比にBBQ

日曜は富士の新世界に行こうか島田の田園に行こうか迷っていたが、土曜日にBBQに誘われたので、由比にBBQに行ってきましたw
今年は、都合がつかなくて演奏会に行く回数がメッキリ減りました。そもそも行きたいと思うような演奏会自体が少ないです。

BBQは\2,000でたっぷり食べられてお腹一杯でした。
BBQ後はタイコ持ちさんのお宅で映画見たりディズニーの魔法使いの弟子見たりしていました。
魔法使いの弟子は、もうあれ以外に音楽と映像のイメージはあり得ませんって感じです。
演奏の参考にはなりますが、多分、弾くのに精一杯でイメージを表現するどころではないと思われます。水浸しで慌てているミッキーと同じ状態ですw

後、オケでディズニーランドに行きたいって話は実現したら楽しそう。企画頑張って下さい。

2009年9月26日 (土)

オケ練習 9/26

初めての練習会場で、入り口がわからず周辺を2、3周回ってしまいました。
川の向こうには建物が見えているのに、どうやっていけばよいのやら迷いましたsad
迷った人は結構いたようです。

カバレフスキー 道化師
道化師と聞いて、レオンカヴァルロの道化師かと勝手に思っていましたw

10曲あるけど、テンポが速い曲ばかりでそれなりに大変でした。
74でミュートを付けるが、その前に1.5拍しか休みが無くて、どんな神業だよと思います。
奏法的に大変な曲はないので、地道に練習していけば大丈夫そうです。

1曲が1分程度で曲想が違うので、弾いていて楽しいです。

スコアが見つからなかったので動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3413817

魔法使いの弟子
取りあえず、最悪の迷子になることは無くなってきました。
22、49~50あたりは難しいので、今は1拍目だけでもあわせてと言う感じです。
ここは、指番号を決めて地道にやっていくしかなさそうです。

練習後は実行員会。
目玉焼きハンバーグがおいしかったw

2009年9月23日 (水)

ジョギング

ジョギングを始めましたrun
走ると言えば、ベースのYさんがオケでは有名ですが、同じパートのNさんも走っているとのことで、負けてはいられないと思い、健康のために走ることにしました。

コースは町内1周、15分ぐらいのコースです。山が近いので、軽い登りがあるので、そこそこ疲れます。
偶に走るコースBは傾斜30度近い登りがある、走っては上れない坂がある難コースもあります。

走り始めて間もないですが、足の付け根が筋肉痛になりました。情けないweep
特に大会に出るとかはないですが、適度に続けていきたいと思います。

2009年9月19日 (土)

オケ練習 9/19

朝から健康診断の胃カメラで疲れました。練習前まで寝ていましたw

同じパートのNさんが、一番重要な中身を忘れてケースだけ持ってきたとかで笑ってしまいましたw

ペールギュント
藤崎先生によるペールギュント。全8曲やりました。第1組曲はみんな知っている曲ばかりでなので、第2組曲中心の練習になりました。
テンポは肥田先生の時とほぼ同じ。1曲を除いては。その一曲は魔王。肥田先生の時より早かったです。Cあたりからオケが空中分解寸前でした。恐ろしや。

ポイント

  • イングリッドの嘆きは、嘆きではなく恨み節で。ドロローソのところのVlaのシンコペーションはしっかりと。ここの所の出はVlaを聞き過ぎていると半拍出が遅れてしまうので個人的に注意。
  • crescは。メロディパートより下のパートからcrescしていく。
  • 静かな曲は、出は揃えるのはもちろんだが、終わりも揃える。
  • オーゼとソルヴェグの終わりは自然に音が無くなるように。

弦を換えたおかげか楽器の調子が良かったし、自分自身も絶好調でした。
アラビアの飛ばし弓も感じは掴めてきました。ペールギュントは何とかなりそうで希望が持てました。

2009年9月17日 (木)

DVDオペラコレクション

今月から発売開始された、デアゴスティーニのオペラコレクションを買ってしまいました。
創刊号はカルメン。次は椿姫。魔笛、蝶々夫人、アイーダ…と65巻まで続くようです。

なんと言っても価格が安いこと。2千円で買えます。普通だったら4千円前後はします。
安いからと言って演奏者がマイナーかと言えば、一流の演奏者でお得度満点です。
ちゃんと、原語と日本語の字幕も入っています。

たいていのオペラのCDは持っていますが、映像付きのDVDは持っていなかったので、良い機会なので買えるだけ買ってしまおうかと思っています。

映像なしの音楽だけで聞くより、映像があった方がストーリーも頭に入りやすいし、迫力もあって劇場にいる気分です。

クラシック好きにはお勧めのシリーズです。
個人的には指輪4作を全部出してほしいなw

2009年9月14日 (月)

Lesson77回目♪

先日、弦を交換しました。
インフィールド青からVISION Titanium orchestraへ。
インフィールド青の華やかな響きより落ち着いた響きで気に入りました。耳もすぐに慣れました。
弦を交換するときに、ペグの向きが気になって仕方がないです。楽器を構えたときにペグを回しやすい向きにしないと気になってしまい、弦を張るときに何度も張り直さなければならなくて面倒くさいです。何か良い方法はないかな?

ペールギュント
ペールギュントの弾き方を教えてもらいました。ここは2ndポジションを使った方が良いとか、弓の配分とか、基本的なffは駒より、ppは指板よりで圧力はかけない。
アラビアの踊りの飛ばし弓は、弓の毛を寝かさないで叩きつける。

バッハ ドッペルコンチェルト
音程は前回よりまあまあ良くなったので、1st Vnと合わせてみる。
2分音符 + 16分音符の延ばしのところが16分音符分短くてずれてしまう。
8分刻みでカウントはしているんだけど、16分音符分余分に伸ばすは中々大変。このあたりは1st Vnの動きを知っていれば合わせやすいので、楽譜を見て曲の感じをつかんでおく。

2009年9月11日 (金)

オケ練習 9/11

ペールギュント 第1組曲、第2組曲

イングリッドの嘆き
メロディの部分がものすごく弾きづらかった。どのパートに合わせたらいいのかわからなくて困りました。初見の時はそんなことはなかったと思うので戸惑いました。

アラビアの踊り
飛ばし弓は、少しずつ進歩しています。中間部の裏打ちピッチカートは油断すると直ぐにずれてしまいます。拍の頭で準備して弾くようにしてからはズレがなくなりました。

ペールギュントの帰郷
カウントしてないと直ぐに難破します。譜面は単純なんだけど、意外に難しいです。

ソルヴェーグの歌
ハモるのが楽しい。
ハモったときに背筋に電気が流れますw

魔法使いの弟子よりは、光が見えて課題はわかっているので地道に頑張るだけです。

2009年9月 5日 (土)

オケ練習 9/5

魔法使いの弟子の練習でした。
最初に通しで一回。次に最初から止めながら最後まで細かく見ていく。
そして最後に通して終了。

難しい箇所

  • 練習番号22と49~50のあたりが難所。抜き出して弾かされたけど、嫌な顔をしたらバレましたw
    取りあえず1拍目だけあわせるように弾いて乗り切る?ごまかしておきました。
    ここは弓使いも難しいので、1日1小節な感じで音取りしながら練習しないと駄目そう。
  • 全体的にarco、pizzの切り替えが間に合っていない箇所がある

この曲だけ弾いていると正直辛いです。ハリーポッターが嫌いになりそうですw

練習後に新入団員歓迎会。車だったので飲めなかったのが残念だった。
何か、野菜ばっかり食べていたような気がする。

2009年9月 1日 (火)

Lesson76回目♪

そろそろ、年1回の弦全交換の日。
ストラドが安いし、入会200Pプレゼントやっているので、ここで注文しておこう。

フレッシュ音階
姿勢と左手の形を指摘された。
左手の移弦は肘で行う。指の移動だと押さえる位置がずれるので、肘で指の位置を移動するようにする。
左手の指の形は、指を斜めにして押さえるより、弦に大して垂直な感じにする。ネックを握るときの感じに近い形rock。こうすることにより、小指が伸びないで、丸く押さえられる。小指が届かないか心配になるが、余裕で届いてびっくり。手首のあたりが慣れなくて窮屈だが、慣れれば理想な形なので頑張って慣れよう。

バッハ ドッペルコンチェルト
なんとか、最後まで通りました。2ndポジションの音程や、臨時記号の見落としが少々ありましたが、最後まで通りました。
後は、音程やリズムの正確さを上げていくだけです。メトロノーム練習復活。
後は、弓に圧力がかかりすぎているので、圧力をかけないで抜いたような弾き方ができればよい。しっかり一音一音弾いてしまうのが悪い癖?手を抜く?ような弾き方が苦手です。

久々に1時間以上立ちっぱなしで弾いていたので疲れました。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »