メモ



2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

Lesson82回目♪

DVDオペラコレクション7はラ・ボエーム。見ていて悲しくなってきます。
演出が良くてなかなか良い舞台だと思います。

ニ長調音階
音の継ぎ目で間が開かないように弓の返しのボウイングを注意する。
弓を返す直前に少しクレッシェンド気味にすると良い。

第九
E
次の音の準備をしてから弾くとスムーズに弾ける。
4分音符がある箇所は4分音符に重心を。8分音符だけのときは最初の音に重心を。
4分音符の長さが短くならないように注意。

F
tr後の2音は弾かなくても良い。
ポジション移動で4の指のtrは避けるようにする。
320小節目はリズムに注意して練習する。16分音符の指が回らないw

一年前に比べると弾ける箇所が大分増えました。少しの練習でそれなりのレベルまで持って行けるようになったので、大部進歩したのを感じました。

テルサでやったので、駅まで自転車で往復は疲れました。

2009年11月29日 (日)

オケ練習 11/29

昨日、毛替えしてきました。
目の前で作業を見学してきました。生毛替えです(ちょっとHな響きw)。
15分ぐらいで終わりました。意外と早かった。見ていて自分でもできそうな気がしてきたw
でも、実際にやると難しいんだろうな。
楽器も見て貰ったけど、特に異常は無しです。

まだ、松脂が満遍なく塗れていなくてガサガサ感が残っていて弾いていて気になりますが、弦や弓の毛が新しいと新鮮な気分で弾けます。

第3楽章
今までよりピッチカート頑張って弾きました。それ以外もかなり快調に行けてました。今までで一番良かった感じです。この調子で本番に。

dimで小さくなるところで、音楽が停滞しないように。

第4楽章
Aはベースを聞きながら合わせる。

全体的に、歌詞に合わせた弾き方を意識する。音の継ぎ目を開けるとか開けないとか。それを理解するために、歌詞を理解して、楽譜に書き込むと良い。
と言うことで、歌詞の日本語訳を読んでいるところです。

休憩時間に合唱の関係者と思われる人に捕まって、練習の出来を聞かれたので、大部良い感じになっていますと答えておきましたw
合唱の方はどういう感じなのか、合わせの時に楽しみです。

本番まで後2週間です。
もう一頑張りです。

2009年11月27日 (金)

オケ練習 11/27

先週の練習は暖房が効いて暑かったので、薄着で行きました。
そうしたら、暖房が殆ど効いていなく、寒くて参りました。

今日はIお姉さんの隣。記憶によると隣で弾くのは多分初めてかな。

第3楽章
ピッチカート大きい音で。今年の3楽章はピッチカートを頑張ることにします。
地味な作業だけど、7割ぐらいピッチカートなので、頑張りがいがあります。

第4楽章
前半しかやらなかったけれど、Aは音色に注意。特に開放弦で音が大きくなったりする場合があるので、注意する。Cの部分は必死になって弾いている感じが出せればOK。

ふれあい
繰り返しの戻るところがわからなくなって、どこ弾いているかわからなくなったw
本番までに復習しておこう。

明日は弓の毛替え。

2009年11月20日 (金)

オケ練習 11/20

会社にいる時に少し運動しようと、ビルの周りを歩いたり12Fまで階段で登ったを繰り返していたら、激しく疲れましたw

魔法使いの弟子

前回は、途中の細かなテンポ変化は無視して合わせたけれど、今回はテンポの変化を加えながら、全体を通して合わせました。

忘れないようにメモ
・序奏のdivはプルトで割る。
・pizzは柔らかめに弾く。

Kさんが2ndに移動になって、横で弾いた。
上手い人の横で弾くと、弾きやすいとかあるけど、Kさんの弾きっぷりに圧倒されてしまいした。圧倒されて、自分が弾くどころではなかったです。おまけに、途中でお腹が空いて電池が切れて、最後の時間の方は譜めくりも忘れてしまう始末でした orz

弾けないのは相変わらずだけど、フラジオだけは何とか音が取れていた気がするので、今日はこれだけでも良しとしよう。

この曲はジックリとさらいたいけれど、しばらくは第九の練習です。

2009年11月16日 (月)

Lesson81回目♪

昨日のオケ練習があったので、週初めなのに疲れ気味です。

ニ長調音階
5ポジのFまで。
音程は良いので、ボウイングに気をつけること。
下げ弓の時に体の内側に入る傾向があるので良いボウイングを心がける。
5ポジはあまり練習していなかったけど、何故かポジションチェンジのヒット率高し。

第九
第4楽章
・強弱は大げさに付ける。
・Andanteのところは、弓を先まで使わずに上げ弓の時は元まで戻す。波が打ち寄せるような感じでフレーズを感じて弾く。
・ピッチカートは大きめに。
・121小節目からのファンファーレは、弓の毛を沢山使って大きい音で。
大きい音は音が大きくではなく、深い音で楽器を鳴らす。

第4楽章
・Bは、8分音符と4分音符の長さの違いを出す。
・203、603小節目からは、リズムを確認。
・917小節目からは8部音符刻みで拍を取り練習する。

先日、TVで物事を覚えるには聞くより見ることが大事だと脳の専門家が言っていたので、弾き方を見て、一回イメージしてから弾くようにしました。上手くいったかは別として、弦楽器って感覚で覚える事が多いので、言葉で説明を聞くよりは一度見た方が効率はよいと思いました。

去年よりは大分弾けているので、合奏の時は大きい音を出すようにする。少しでもパートの戦力になるように頑張る。

2009年11月15日 (日)

オケ練習 11/15

市民による歓喜の歌大演奏会の本番指揮者の石毛先生による初練習
今年はホールで練習できる回数が多いので良いよね。ただ、今日はちょっと冷房が効きすぎなのか寒かった。

初めての顔合わせで緊張。3楽章の最初の静かな入りでさらに緊張して、最初は大変でした。
今回は、一通り通して、曲の感じを教えて貰う練習でした。細かい音程とかリズムの指摘とかは次回以降かな。

歌詞の内容とか、どのパートが主や副になっているとか理論的に話をされていたので、非常にわかりやすかったです。

色々指摘されたけど、大きなところは以下。
・強弱記号などは特に強調したい時に書いている。書いていないところでも、フレーズにあわせて強弱がある。
・内声だからといって控えめにならない。色を付けるのが内声なので、しっかり弾こう。内声も歌おう。
・3楽章のpizzは大きめに。Vcと2ndの掛け合いが成り立つように。
・4楽章は歓喜なので表現を大げさに。機械的にならない。
・4楽章は歌詞を知っているとそれに合わせた弾き方ができるので、是非歌詞を理解しておこう。

第九の第4楽章の解説しているサイト(先生が言っていたのはここかな?)
第九は毎年のことなので、曲を理解するの1回は読んで損はないと思います。

第九のスコア

2009年11月 7日 (土)

オケ練習 11/7

今日の練習会場は、前回行ったときに迷いましたが、今回は道順を事前に確認したおかげで迷わず行けました。

ベートーヴェン 第九 3,4楽章
1回通した後にもう1回細かく見ていきました。

1回目の時は感覚を取り戻すのに精一杯でした。2回目は大分感覚が戻っていました。
第3楽章のAndanteのところ、弾き始めたら輪唱みたくなっていて、あれ?と思ったらViolaさんでなにやら事故があったみたいでした。

第4楽章
個人的には昨年より余裕があるのだけど、速いところとか難しいところで焦ってしまう。もう少し落ち着こう。
テンポはあまり速くないらしいので、落ち着いてやれば何とかなるかな。
そうは言っても、定時練習となっている箇所は、毎日コツコツとやっていくしかないので、頑張ります。

オケ全体としては、なかなか良い感じの出だしだと思いました。
チェロやオーボエあたりが先生に褒められていました。

自分的な出だしとしては、昨年のレベルに近い位置からのスタートでホッとしました。
昨年苦労したところも、さほど苦労せずに弾けたのも、積み重ねと基礎レベルが上がってきたようです。
毎年同じ曲を定期的に弾けるっていうのは、自分のレベルをみるには最適だと思いました。

次回は、新しい先生との初顔合わせです。楽しみです。

2009年11月 1日 (日)

オーケストラの祭典

国民文化祭しずおか オーケストラの祭典に行ってきました。
久々のコンサートだったのでちょっと緊張したw
全体が見渡せるように2階中央で聞きました。

ジュニアの部
全体的に無理なく弾けるようにかテンポは遅めでしたが、若さが感じられる演奏でした。
音量も凄く、迫力ある演奏でした。1812年のラストは圧倒されました。
運命の力も、最初の金管の音から良い感じでした。

大学生の部
ジュニアに比べると音量が少なめであれ?と思いました。良く言えば大人な感じで品がある。
でも、音量が抑え気味だったので、バンダの効果は良く聞こえました。
ローマの松は色彩感が良く出ていたと思います。

一般の部
インタビューがなかったのが残念w

展覧会の絵は中学生に頃に鼻歌で歌っていたなじみ深い曲。

ジュニアや大学生に比べ経験年数があるだけ、凄く良い演奏でした。
古い城のサックスは非常に良かったです。
キエフは圧巻で気持ちの良い演奏でした。久々に音楽で感動しました。

聞いてみて、非常に多彩で楽しい演奏会でした。
聞いていると弾きたくなってしまうのはいつものこと。機会があればこういうのにも出てみたいな。

帰りは雨が激しくて暗くて、運転が大変で疲れました。
帰ってから、オケで聞きに行った人と運営に出た人で飲み会

出演者、運営の人お疲れ様でした。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »