メモ



2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月28日 (金)

オケ練習 5/28

オケの練習は藤崎先生との運命の初合わせ。

初見のような楽しさと微妙な緊張感。
音程とかまだ全然駄目だけれど、どのように仕上がっていくか楽しみです。
テンポは、遅くはないけれど、無茶苦茶速くもない、想定の範囲内。

1楽章前半はさらっていたので、それなりについて行けました。
4楽章の刻みは、フォーレでは無い動きなので、久々で腕が疲れました。でも楽しい。

途中から新人さんが後ろのプルトに来て、妙な緊張感でソワソワしっぱなしでした

練習後、Vn新人さん歓迎会。
餃子激うまでした。
メロンも激うまでした。
料理が美味しいと良いよね。ごちそうさまでした。
楽しい一時でした。

2010年5月25日 (火)

Lesson92回目♪

フォーレのレクイエム
Agnus Dei
冒頭のメロディ。
A線に移った時に、開いた音が出て目立ってしまうので、その対策。
A線に移る前までにクレッシェンド気味にしておいて、A線は弱めの音で入って、徐々に音量を出していく。

Eのところから音程の確認。
かなり精度は上がってきたが、微妙に外れるところがある。
1指のA、Eが高めになる。4指のD、Aが低めになる。
これは、ヴィオラ始めた時からの課題。
気をつけていても、指の開きが足りなくて、音程が狂う。

最近気がついたが、ヴァイオリン弾いた時に、指が開きすぎて半音高くなる。
ヴィオラ後遺症発症w
5ポジの練習とかもしているので、指の感覚がもう分けわかりません。

発表会!なるものの曲を探しておく。

2010年5月21日 (金)

オケ練習 5/21

レクイエムとラシーヌの練習

レクイエム
音程ももちろんだが、音色も考えながらの練習。
パートの音と低音に溶け込むように心がけて弾きました。
パートに溶け込むにはまずは音程。そして音色。
他パートがメロディを弾いている裏で伸ばしの音は良い感じで弾けていました。
先生にも褒められました。

サンクトゥスは毎日、日課のように弾いていたので落とし穴は大部回避できるようにはなってきました。もう少しです。
それより、縦の線を揃えるのほうが必死です。

ラシーヌ
前回より大部進歩しました。
途中のVla単独のところも、着いていけるようになってきて一安心。
練習の成果が確認出来たのは収穫。

レクイエムに集中して、ラシーヌは適当にと言う選択もあるけど、そうは言っても練習しない訳にはいかないので、両方頑張っています。

2010年5月15日 (土)

オケ練習 5/15

今日は、思ったより人が沢山いた。

運命
細かく練習しながら、全楽章やりました。
個人練習があまりとか言うか殆どできていないので、弾けるところだけ弾いていました。

この曲にも入りの落とし穴とかがあって、お隣さんが数拍速く入って、パート内動揺 -> 全落ちがありました。今から注意したいポイント。

カルメン
夜想曲の初見と初見2周目の残りの曲をやりました。

曲はオペラの方を何回か聴いたことがあるので、知らない曲はないので、どこ弾いているのかわからないとかはないので安心。
テンポが速くて細かい音が多いので、難しい曲が多いです。

初見の延長なので、演奏レベルはまだまだ。
フォーレが終わったら、じっくり練習したいです。

2010年5月11日 (火)

Lesson91回目♪

ラシーヌ
実は、レクイエムよりこっちの方が練習しないといけない気がしている。

弾き方はレクイエムのアニュス・デイのEの部分と同じ要領。
分散和音なので、和音をイメージしながら弾いていくだけである。
後半、パターンが違う箇所が出てくるが、大体は同じパターンが繰り返されるので、少し練習すればある程度のレベルまではなりそうである。

練習方法としては、曲をいくつかに分けて、その部分部分をゆっくりから練習して、だんだん速くしていく。

レクイエムのアニュス・デイのEの復習も行ったが、この部分も大部指が覚えてきたので、大きく外すことはなくなったが、微妙に合わないことがある。
音のイメージは大部出来てきているので、もう少しである。

左手の形を研究しておくこと。
手の甲が指板と平行になる感じが良い。

2010年5月 9日 (日)

合唱合わせ 5/9

フォーレのレクイエムの合唱との合わせをやりました。

午前中にパート練習。
sanctusを中心にラシーヌと鬼門なところを練習。
sanctusは和音の変わり目を指と頭で覚えるしか克服方法はないと思われる。
楽譜見ながら反応するには限界がある感じがします。
ラシーヌも似たような物。
数弾けばいいけれど、数弾くと右手が痛くなってきます(苦笑)

グランシップ
警官がいっぱいいて警備が厳しかった。

合唱との合わせ
主に、オケと合唱のバランス。音色関係をチェックしながらの練習となりました。
合唱で自分の音が聞こえづらくて音程合わせるのに苦労しました。

合唱は上手かったですね。
第九の時みたいに叫んで浮いている人とかいなくて、男女のバランスも良く良かったです。

4曲目のソプラノ独唱は弾きながら聞いていて涙が出そうになりました。
音量とか音色を気をつけなければいけない曲なので、本番は泣いている暇があるかわかりませんが。

最後の曲は冒頭からVal2とVc2がシラレシラってフレーズを数回繰り返しているのですが、これがパート内では光に照らされて包まれているような感じで聞こえます。他のパートとか客席からは遠くから聞こえている感じで聞こえているのかな?
後半はVcだけが、フレーズを弾くところでは、遠くから聞こえているような感じで聞こえます。
ここだけでVal2やっていて良かったと思いました。

次の合唱との合わせは、本番前日のリハーサル。
そのときまでに、もう一段レベルアップを目指します。

2010年5月 7日 (金)

オケ練習 5/7

朝から雨模様でした。

フォーレのレクイエムの合唱合わせ前の練習。

一回全曲を通しました。
何か調子が出ないままに、全曲が終了。
練習が終わった後に右腕が痛かったので、変な力が入っていたみたい。

休憩後、後ろから細かくチェックしながら見ていきました。
細かいテンポのチェックとか音色等の指示がありました。

その後、ラシーヌの練習。
Vlaパートは弾きっぱなしで大変。
音程取りづらいしで、レクイエムのsactusと併せて要練習曲です。

練習後は居酒屋で色々タメになることが聞けました。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »