メモ



2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月24日 (金)

オケ練習 9/24

藤崎先生との練習。

今回の演奏会の練習は藤崎先生との合奏が少ないので1回1回が大切。

運命
音楽教室でやる第1楽章とトロンボーンがいるので第4楽章。
細かい箇所の練習と、テンポが変わるところの再確認。

天国と地獄
運命とは全くタイプの違う演奏の仕方。
まじめに弾くのではなく軽やかに楽しそうに弾く。

アンコール
初見を1回。

練習後は飲み会だったけれど、次の日は胃カメラだったので、お酒は飲めず、食べ物も最初に少し食べたぐらいで消化不良。
次の機会にリベンジ。

来週はいよいよ、音楽教室です。

2010年9月20日 (月)

Lesson100回目♪

遂に100回目。
良く続いた物である。

エトピリカ
複付点4分音符の伸ばしが曖昧。
最後の16分音符を合わせるより、次の小節頭を合わせることが重要。

軽い曲調なので、弓の返しは優しく。

運命
4楽章
ダウンアップアップはダウンが重要。
次のアップは手首でアップさせると弓が勝手に跳ねるので、次のアップも自動で弾ける。
リズムが曖昧な箇所があるので、メトロノームで練習する。

妙に疲れた100回目でした。

2010年9月18日 (土)

オケ練習 9/18

始まった時にまさかの2nd一人。
15分ぐらいで他の人が来てくれたけれど、その間は大変だった。

運命

第2楽章
182小節目の入りが鬼門。

Flさんがいなかったので、入りが難しくなった箇所が何カ所か。

第1楽章、第4楽章
楽章途中からの練習となったので、テンポ感とかわからなさすぎ。
第4楽章のHから4分音符を鳴らすところは指揮を見て合わせること。

天国と地獄
カンカンのところの後打ちは油断するとすぐずれる。
8分カウントで。

練習後はファミレス
次の演奏会でやりたい曲は特にないけれど、シューマンの2番とチャイコフスキーの組曲3番、4番はいつかやってみたい。
マイナーな曲ですみません。

2010年9月10日 (金)

オケ練習 9/10

藤崎先生の予定だったけれど、急遽肥田先生の合奏になった。

トロンボーンがいたり、他の楽器も人数が多くて、本番が近くなってきている事を感じる。

練習は、音楽教室でやる曲を中心に練習。

本番まであと1ヶ月なので、練習方法を変える。
ゆっくり練習するのは終わりで、インテンポに近いテンポで練習すること。

弓の弾く場所とかもトップやコンマス見て合わせること。

そろそろ本番モードに突入したと感じる練習でした。

2010年9月 6日 (月)

Lesson99回目♪

9月になりました。
弦も毛替えも1年やってないので、そろそろ替え時か。

エトピリカ
音程第一なので、音程を外さないようにする練習を。
リズムは多少外れても聞いていてもわからない。
音程はすぐにわかる。

カルメン
密輸入者の行進
テーマの部分はカルメンの中でも難しい部類に入るらしい。
弓を乗せてから引く。
次の16部音符の部分は、真ん中元よりで、弓を使わずにやや跳ねさせ気味で弾く。

弾くのに弓を使いすぎている癖?があるので、細かいフレーズを弾くのに大変になっている。
弓を使わないで弾く練習をしよう。

今日は右腕、肩が痛かったので、右手に力が入ってしまい大変であった。

2010年9月 4日 (土)

オケ練習 9/4

カルメンの第2組曲から前回やらなかった曲の練習。

大体、前回と今回の練習でカルメンは感じが掴めたので、精度を上げていくだけです。
初見の時はどうなるのかと思ったけれど、練習すれば何とかなるもんだ。

メロディを支える伴奏がうまくできるよう、ppのピッチカートでも集中すること。

天国と地獄
後打ちは気を抜くとすぐにずれるので以外に大変。
この曲、2ndは最初から最後まで殆ど刻みのトレモロ。他を聞く余裕があるので、聞く分には楽しめるけれど、弾くのはあまり楽しくない。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »