メモ



2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月29日 (土)

オケ練習 1/28

ベートーヴェンの8番の第4楽章

  • 3連符は殆ど弓を使わないで、その後の8分音符、4分音符で弓を使う。
  • pとppとpppの違いを出す。
  • sfは、体を動かすくらいの弾き方で。
  • crescの指示がないところで、crescしていかない。

2ndの鬼門
その1
120小節目の2拍目からの入り。最初、全員落ちてたけれど、何回かやるうちに慣れてきました。
8小節同じ音のトレモロが続くので、テンポ感がなくなります。
ここは、数えて入るより、曲を覚えて体で入るぐらいが良い。

その2
28小節目2拍目。
直前がG.P.なので、指揮を見る。
ppで2ndだけなので、音量、音質が気になって緊張する。

ベートーヴェン 交響曲 第8番 楽譜

今年から指揮者セクレタリをやることになりました。
こっちも頑張っていきたいと思います。

2011年1月24日 (月)

Lesson108回目♪

亡き王女のためのパヴァーヌ

合格です。今回で終了。
ヴィヴラートをかけられるようにならばもっと良い感じになります。

ベートーヴェン 交響曲 第8番
第3楽章
主部のうねうねした所の音程。
一音ずつ確認しながら音を取っていく。

1番カッコ手前の8分音符は弓を使って。

26小節目。2拍目までは伴奏。3拍目からメロディ。
2拍目はやや音量落としてから、3拍目のメロディに入る。

31-33の3拍目裏の8分音符。
元弓まで引きながら戻して、引っ掛ける。

次回はバッハの2台の協奏曲と4楽章かな。
バッハは音取りしないと。4楽章は弾ける気がしない。

2011年1月21日 (金)

オケ練習 1/21

藤崎先生によるベートーヴェンの交響曲第8番の練習。
今週は第2楽章、第3楽章。

第2楽章
音符が細かいので、どこが拍の頭かを書きこんでおくと、入りそびれることは減る。
22小節目のところは入りが難しい。
他の箇所も、入るタイミングが難しいので、自信ない音で弾いてしまう。
指が回らないとか、フィンガリングが難しいとかはないけれど、入りが難しいので、どこが拍の頭かを書きこんでおくのは重要だと感じました。

ボウイングを全面時に変更。

第3楽章
メヌエットなので踊れるように。

sfをしっかりとやる。
トリオの部分はチェロの細かい音形。クラリネットの高い音が大変そうです。2ndVnは聞いているだけです。

練習後は久しぶりにサイゼリヤに行った。
ハンバーグ美味しかった。

2011年1月15日 (土)

オケ練習 1/15

藤崎先生によるベートーヴェンの交響曲第8番の練習。
今週は第1楽章。

あまり速くしない。
この楽章を速くすると、他の楽章も速くしなければならない。
4楽章なんかは、速くし過ぎると大変なことになる。

繰り返しはやります。

刻みはVlaと共同作業ですが合わない。
急ぎすぎているのが原因。お互いの音を聞き合うこと。

付点2分音符で延ばすところは、ヴィヴラートを。
ピッチカートは大きめで、はっきりと。

充実した3時間の練習でした。

終わったあとに、ファミレスで食事。
運営委員会で難しい話を聞く。

2011年1月 7日 (金)

オケ練習 1/7

今年最初の練習です。

ベートーヴェン 交響曲第8番から1~3楽章
来週、再来週の藤崎先生のための合奏の練習です。

第1楽章
他の曲でも言われていることで、強弱の開始時期や、音量が変わるところの指摘。
音符の長さを揃える等。
312小節目からの掛け合いは要注意箇所。

第2楽章
19小節目の入りがどうにも合わなかった。後でスコア見て確認。

第3楽章
笑顔で弾けるように。ひまわりのような。
メヌエットなので、笑顔で弾けば、自然とメヌエットらしい音になる。
トリオのCl、Vc、Hrnは大変そう。

2011年1月 6日 (木)

Lesson107回目♪

今年最初のレッスン。

亡き王女のためのパヴァーヌ
課題の3ポジの箇所は音程弾き方共に良くなった。
全体的に音程も良いので後は、後は微妙な強弱を付けたりする弾き方。
1音1音を大事に、フレーズを意識しながら弾いていく。

ベートーヴェン 8番 第2楽章
音符が細かいので、焦らない。
カウントは8分音符で。
カウントして入るのが大変な箇所は、他パートの音を書き込んでガイドにすれば落ちにくくなる。

今年も頑張りたいと思います。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »