メモ



2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月28日 (月)

Lesson112回目♪

カイザー
3連符で弾く。
右手の力の抜け具合がかなり良くなってきているので、もう少しスピードアップする。
3連符で弾いていると、たまに弓が逆になってしまう。奇数回嫌い。

バッハ ドッペルコンチェルト
終盤の音程の精度がもう一歩。
今一度再確認を。

1stと合わせたけれど、2拍+16分音符ぶんの伸ばしのところが、16分音符分速く入ってしまう。
カウントするのはもちろんだが、1stも良く聞くこと。
+16分音符分の伸ばしはやっかいです。
まずは、メトロノームでリズムに正確に弾けるようにすることが第1段階なので、メトロノーム練習すること。

弾き方は、弓をもう少し使って大きめに弾くこと。

2011年3月25日 (金)

オケ練習 3/25

清水文化センターの中ホールでの練習。
冷房が入っていた?冷たい風が舞台に向かって吹いてきて寒かったです。

練習は、第2楽章、第3楽章の練習。

2楽章
まずは音程。フラット落としまくりでした。
この楽章はVnのソロなどがあるので、fなどは大きく弾いてソロを消してしまわないようにする。

3楽章
ここも音程。ここでもシャープ落としまくりでした。
音階練習しないと。

ボウイングも一部変わったので、楽譜の整理と練習やらないと。

2011年3月19日 (土)

オケ練習 3/19

先週は練習が中止だったので、2週間ぶりの練習。

皆さん元気そうで良かったです。

ブラームスの3楽章、4楽章の練習

3楽章
前半部分、管と弦がずれるので、意識して合わせるように。
強弱をしっかりと。落とすところはしっかりと小さく。

4楽章
有名なメロディの所は、自然と早くなっていきがちなので注意。
合わないところの難所。
・279小節目
・380小節目ぐらいからコーダの始まる部分ぐらいの箇所

3時間半の練習で疲れましたが、地震で気が滅入っていたいたので、良い気分転換になったのが、今回の練習で一番良かったこと。
少し、前向きな気持ちになって、普段の生活のペースに戻れそうな気がしました。

でも、次週は藤崎先生とのあわせだし、演奏会のポスターもできたので、呑気なことは言ってられません。

2011年3月15日 (火)

Lesson111回目♪

地震が起きてから、2,3日は楽器弾く気にはなれませんでしたが、レッスンもあるので、少しの時間だけですが、練習していました。

バッハ ドッペルコンチェルト
終盤の部分の音程が怪しい部分の再確認。
2ndポジションの時の音程がいまいちです。

弾き方は、8分音符の時は、音を減衰させるけれど、弓を止めて音は切らないようにすること。

前半と中盤部分は、まあまあ良いので終盤部分を頑張るのみです。

残った時間で重音の練習。
音をイメージしながら、一音ずつ取っていく。数小節の練習だけれど、大変です。
これが慣れれば音程は良くなる。

次回の新しい課題。
カイザーの19番。刻みの練習。16部音符と3連符でやってくる。

2011年3月11日 (金)

オケ練習 3/11

練習は中止になりました。

新幹線が止まって先生が来られない。
練習会場が避難場所。
等。

地震の被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。早期に復旧することを祈ります。
亡くなられた方には、ご冥福をお祈りします。

2011年3月 5日 (土)

オケ練習 3/5

ブラームスの交響曲第1番の2楽章、3楽章の初見練習です。

2楽章の主役はオーボエ、Vnソロかな。
2ndVnはほとんどが伴奏的な感じです。

#4つの楽章なので、まずは音程。
静かな楽章なので、p、ppなどの大きさの違いをしっかりと出す。

あと、楽章最後に音を切る箇所が2カ所あるので、しっかりと指揮を見ること。

3楽章
短い楽章だけれど、途中に転調する箇所があるので、転調後の音程注意。
最後のピッチカートは指揮を見て合わせる。

来週は藤崎先生とのあわせです。

2011年3月 3日 (木)

Lesson110回目♪

バッハのドッペルコンチェルト2ndVn。

一通り通してから、音程や弾き方をチェック。

・ナチュラルとシャープの音の差を明確に。
・シャープの音は高めにとっても良い。
・2音前の同じ音で、違うポジションで取るときは、音程を特に正確に。

弾き方は、八分音符は弾き始めは発音をはっきりして抜く。
2分音符の伸ばしは、1stソロが主になる箇所なので、小さめに。

細かいとが多いので、音程をしっかり取るのが大変な曲です。

ブラームスの交響曲第1番
4楽章の最初のうねうねの所。
弦をまたぐときは重音を弾く要領で、弓を少しだけ動かす。
2音がしっかり分かれて聞こえる必要はない。
弾く場所は先から真ん中の間。
簡単そうだけれど、難しいです。慣れるしかない。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »